似ているけど違いがあるうつ病と適用障害

適応障害とうつ病の違いを知ろう【信頼できるところ発見】

専門病院を探す

相談

信頼できる医師を探す

適応障害とうつ病はよく間違えられてしまうほど、症状が似ている病気だと言われています。そもそもどんな違いがあるのか、素人でもインターネットを使うなどして調べておくといいかもしれません。もちろん、症状もたくさんあるので、適応障害なのか、うつ病なのか、勝手に自己判断することは良くありません。少しでもおかしな症状が出た場合には、早急に精神科や心療内科を受診してみましょう。また、違いが分かりにくいこともあり、あまり知名度のない病院にかかってしまうと誤診されてしまうことも懸念されます。そのため、できれば專門の病院を受診しましょう。適応障害やうつ病の診療で有名な病院をインターネットや口コミで探してみるのです。專門の病院なら、違いもしっかり把握しており、誤診をすることもないはずです。それから、まずは最寄りの病院を受診してみたところ、適応障害と言われてしまったという人も居ることでしょう。ところが、別の病院を受診したら、うつ病と診断されたということもあるはずです。このように、病院によって診断に違いが見られることもあります。どちらが正しいのかよく分からない場合には、セカンドオピニオンどころから第三、第四というように、納得のいくまでいろいろな病院を受診してみるしかありません。もちろん、手間がかかりますが、きちんと診断されないことには正しい治療を施すこともできないからです。できればたらい回しをされないようにするためにも、事前に情報を収集し、ある程度は病院を絞り込んでから受診することをお勧めします。また、一般的に言われている双方の違いとしては、うつ病の場合、気分の落ち込みが激しく、何をするにもやる気が出ないといったことが挙げられるものです。一方、適応障害は自分の好きなことは普通にこなせるものの、あまり率先したくないものには全くやる気が起きないといったことがあります。このように、細かく見ていけば自ずと違いが分かってくるはずです。どちらに当てはまるのか、問診や日頃の状況などから判断されることになります。

早期診断と対策の重要性

ハート

適応障害は、うつ病の一種と誤解されがちですが、明確に違いのある障害です。うつ病の診断基準を満たさないために、適応障害とされるケースもあります。簡単に考え、油断して、そのままにしておくとうつ病や別の病気になりかねない危険な障害です。

行動面で異なりが見られる

女性

本人にとって耐えられない状況に置かれた場合、適応障害では不安感などに見舞われ、時には暴力沙汰もいとわない問題行動を起こす点が、うつ病との違いです。しかし症状が進めばうつ病へ進展するため、兆候のサインを把握しておき、早期治療に役立てましょう。

似てるようで実は全く違う

女の人

うつ病とよく似た症状がみられる適応障害。うつ病は広く知られていますが、適応障害はその病名があまり知られておらず、その症状は甘えだと思われ理解されないことも多い病気です。ではうつ病と適応障害の違いは何なのか、詳しく説明していきます。

自己判断は避ける

カウンセリング

適応障害とうつ病の症状は似ているので、違いが分からないこともあります。しかし、専門医や実績のある医師なら区別できるため、まずは精神科や心療内科を受診しましょう。当然、それぞれの治療法は異なるため、区別してもらわなくてはなりません。

病気の状況

メンズ

うつ病と似ているとされている適応障害ですが、まったく別の病気です。適応障害は、ストレスを感じた時に発症します。そのストレスから解放されれば症状は落ち着くのです。しかし、適応障害がうつ病を引き起こすこともあるので治療は早めに行ないましょう。