女の人

適応障害とうつ病の違いを知ろう【信頼できるところ発見】

  1. ホーム
  2. 早期診断と対策の重要性

早期診断と対策の重要性

ハート

イメージと違う2つの関係

うつ病は、以前から世間に知られていますが、適応障害のイメージとしてうつ病の一種だと勘違いされている傾向があります。どちらも原因と症状がよく似ているため、違いが分からないままうつ病の診断基準を満たさない場合に、適応障害と診断されるケースがあるようです。一見、似ていますが、全く違うものそれが適応障害とうつ病の関係です。ところが、適応障害の診断基準とうつ病には明確な違いがあります。最大の違いは、原因となっているストレス環境から離れても症状が続くのかどうかという点になります。適応障害は、ストレス環境から離れると症状が改善し、趣味を楽しむ余裕も出てくるそうです。つまり、ストレスの原因と状況次第と言えます。その期間が6か月未満の場合は急性、6か月以上の場合には、持続性と呼ばれています。しかし、うつ病はストレスの原因となった問題が解決しても、憂うつな気分が晴れず時間がたってもその気持ちが持続し、無気力で自責の念が発生します。適応障害では、感情の起伏が激しくなったり、アルコールへの強い依存など、周囲の人からストレスのせいで性格が変わったと誤解されたりします。自分の行動に対して罪悪感を持たないことが多いことも特徴の一つで、行動面でも大きな違いがあります。しかし、適応障害だと診断されても、抑うつ状態が2週間以上続くとうつ病と再診断されることもあります。そのため、うつ病予備軍とも言えます。5年後には40%以上の人がうつ病などの病名に変更されているという統計もあることから、より症状の重い疾患や様々な病気の前兆を示している場合もあります。病気が進行し、症状が重くなるほど、その治療や回復にかかる時間は長くかかってしまします。この統計の結果を見ると、適応障害はうつ病の初期段階の可能性があるということと、早く治りやすいことを認識し、早期に対策に取り組むことが重要です。早い段階で適切な治療を受ければ症状の悪化の防止に繋がります。そのためには、最大の原因となっているストレス環境から離れていることです。再発の可能性は比較的高いので、自分の過ごしやすい環境を見つけることも大事です。